黒大将の浅くて広いあなぐら

黒大将の浅くて広い趣味の話をだらだらゆるゆる垂れ流すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たまにはこんな日も ~ 交叉する瞬間 ~

img1.png

はい、黒大将です。
ただいま衛兵ミニチュアペイント中です。
細かい部分へ色を塗るときは息を止めてます、非常に息苦しいです。
寿命縮めてるような気がします。
ちなみにここ最近は作業中のBGMにESOのサントラ聞きながらやってます。
だんだん遊びたくなってくる今日この頃、始めるとそれ以外やらなくなっちゃうので今は保留しとります。

と、そんなわけで第二話後編がはじまります。


衛兵の朝は早い

早朝、バルグルーフ首長の命によりイヴァルステッド近郊の遺跡に潜むという山賊を討伐するために出発するエイへら特務執行隊の面々。

Elorwen:「隊長~、山賊ってどれくらいの人数なの~?」

エイへ:「俺達特務執行隊だけでどうにかなると考えて命令が下ってるんだ、そんなに大した人数じゃないだろうよ」

Elorwen:「うぬぅ・・・」

Fenne:「と、とにかく怪我しないように気をつけていきましょう」

~ イヴァルステッドからわずかばかり離れたところ ~

さぷらぁ~いず

山賊:「ち、ホワイトランの衛兵がこんなところに何の用だ。
    とりあえず先手打って殺しとこう」

Elorwen:「山賊発見!」

エイへ:「すたあああああああああああああっぷ!
     首長の命においてお前達に告げる、お前達に投降する権利はない!
     簡単に言えばブッコロス!」

Elorwen:「ヒャッハーーーーー!」

Fenne:「ま、毎回このパターンだけどいいのかしらぁ~」

~ 数分後 ~

処罰完了

エイへ:「・・・たった三人で山賊団てか?」

Elorwen:「暴れ足りない・・・」

Fenne:「首長の命とは言え、あっけなさすぎですよね・・・」

Sha:「まあ、この辺の被害がこれで減るとなれば無駄な仕事でもなかったと思います」

エイへ:「まあ、報告に帰るか」

Elorwen:「・・・暴れ足りない」

天高くうんぬん

エイへ:「あ~、いい天気だなぁ、ちくしょう」

Fenne:「街道のパトロールのついでだと思えば無駄な働きじゃなかったと私は思いますけど・・・」

Elorwen:「暴れ足りない」

エイへ:「つーか、伝説のドラゴンボーン様がハイフロスガー行くついでに片付けてくれりゃわざわざ来なくてもよかっ
     たんじゃね?」

Sha:「たしかにそう思います。
   伝説の英雄の再来、西の監視塔を襲ったドラゴンを退けた戦士、誰もが彼に救いを求めるでしょう」

エイへ:「まあ、伝説のドラゴンボーンに何でも解決されたんじゃ砦を守る衛兵は用無しで失業者が溢れかえるだろう
    なぁ」

Fenne:「そうなると同胞団もいらなくなっちゃいますね」

エイへ:「ま、そうならないようにドラゴンボーン様にゃ適度に手を抜いてもらわなきゃならねぇってことか」

Fenne:「そうなりますね」

エイへ:「今夜の飯と蜂蜜酒のためにきりきり働くとするか」

Fenne:「はい」




~ ホワイトラン ~

青空と黒いTバック

イヴァルステッドからホワイトランへの帰路は驚くほど静かなもので昼過ぎには戻ってくることができた特務執行隊の面々。
首長への報告は次の任務の始まりであることをエイへは知っている。

報告

エイへ:「・・・以上、イヴァルステッド近郊に潜む山賊団の殲滅を完了いたしました。
     詳しくは報告書を提出しますのでご確認ください」

バルグルーフ:「わかった。
        さて、貴様たち特務執行隊はモーサルへ向かい、ドラゴンボーンのフォローを行ってくれ」

エイへ:「了解いたしました、特務執行隊はこれよりモーサルへ向け出発いたします」

ヴァルグルーフ:「貴様らの働きに期待している」

ああ悲しき宮仕え

Elorwen:「次こそは期待できる?」

エイへ:「わからんが面倒なことに巻き込まれるのは確定だろう。
     俺は一杯ひっかけていくからそれぞれ準備を完了したら門前に集合だ」

Fenne:「了解しました」

Sha:「私も色々準備してきます」

Elorwen:「鍛冶屋行ってこよっと」



~ バーナードメア ~

交叉

???「お、エイへの旦那」

エイへ:「あぁん、ボハンか?」

ボハン

ボハン:「エイへの旦那、昇進なさったそうで、おめでとうございます」

エイへ:「・・・嫌味か」

ボハン:「めっそうもない」

ボハンとエイへ

エイへ:「そういや、一人者のお前が小娘連れて冒険者の依頼をこなしてるらしいじゃねぇか」

ボハン:「旦那の耳に届いてましたか」

エイへ:「お前が組むくらいなんだ、期待できるヤツなんだろ」

ボハン:「それは・・・」

エイへ:「まあ、いいように育ててやればいい」

ボハン:「ところで旦那は?」

エイへ:「蜂蜜酒一杯ひっかけてからモーサルへ行くつもりだったんだがな。
     おまえのしまらねぇ顔みたらその気も失せた」

ボハン:「・・・すいやせん」

エイへなんとなく退出

エイへ:「おい、嬢ちゃん、尻丸出しで歩くなよ。
     破廉恥な格好してたらしょっぴくからな」

???:「あぁ?」

エイへの二つ名

???:「なんだあの偉そうな衛兵!」

ボハン:「やめとけリコリス、あの衛兵は『キレる衛兵』だ」

リコリス:「キレる衛兵?」

ボハン:「ああ、『行き当たりバッサリのエイへ』って呼ばれてる怖い人だ」

リコリス:「行き当たりバッサリwww」

ボハン:「山賊に会っては山賊を斬り、デイドラに会ってはデイドラを斬る。
     行き当たったが最後、首長の名において問答無用で職務を執行するんだ」

リコリス:「へ、へぇ・・・」

ボハン:「まあ、法に触れることさえしなきゃ頼りになる衛兵だから覚えておくといい」

リコリス:「・・・わ、わかった」


仲間と

Fenne:「隊長、お迎えにあがりました」

エイへ:「おう、わるいな」

Elorwen:「蜂蜜酒・・・飲んでない?」

エイへ:「古い知り合いと話こんじまってな。
     リバーウッドで一泊してからモーサルに向かう」

Sha:「わかりました」

エイへ:「ボハンの連れにはああ言ったが・・・
     うちの仲間の方が破廉恥な格好してるよなぁ・・・」

Fenne:「何か言いましたか?」

エイへ:「なんでもねぇよ」

- つづく -

第二話後編終了です。
このプレイ日記、実際にゲーム中に起こったことをネタで書いてます。
イヴァルステッド近郊での山賊退治、実際に行ってみるとわずか数人しかおらず、瞬殺で終了とか。
話広げる余地もなく、どうしようかと悩んでいたらうちと相互リンクしていただいてる『でたらめスカイリム』のRoundRovinさん製作による、同じく相互リンクしていただいてる『スカイリムの踊り食い』のTogaminiumさんのプレイヤーキャラ『リコリス嬢』のフォロワーmodが配布されてましたので勝手にクロスオーバーさせてしまいました。

ちなみにこの話を作っている最中、Togaminiumさんのブログではボハン氏とリコリス嬢がバーナードメアでいい感じにキャッキャウフフしてらしたのでその間に遭遇しちゃったんだよ~んて感じにしてみたのですが、その後の展開がすんごいことになっててびっくりしております。
ぜひTogaminiumさんのブログで事の顛末をご覧いただきたいです。

エイへの二つ名『行き当たりバッサリ』ですが、裏設定ではもう一つ本当の二つ名が存在することになってます。
この二つ名が出てくることはまずないでしょうし、衛兵プレイにはそぐわないので出すつもりもありません。
あくまで特務執行隊のエイへとして話を考えて行くつもりです。

そんなわけで次回は『旅の途中』の更新になる・・・と思います。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/03(土) 21:19:19|
  2. とある衛兵の超過勤務
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<机の上のスカイリム:~ホワイトラン衛兵ミニチュア~ | ホーム | 机の上のスカイリム:~衛兵ミニチュア製作中~>>

コメント

あわわわわ、クロスオーバーありがとうございます!
喧嘩っ早いリコリスを上手に書いてくださって嬉しいです!昔のリコリスならガンガン突っかかっているかもですが、今はボハンがストッパーですね。
布面積の勝負……負けてる……!これは勝てない…。
  1. 2014/05/04(日) 13:08:26 |
  2. URL |
  3. Togaminium #pwutJTUc
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Togaminiumさん

> あわわわわ、クロスオーバーありがとうございます!
こちらこそ、あわわですw
できるだけイメージを損なわないようにと気をつけて書いたつもりですが仕上がりに不安ががが・・・

> 布面積の勝負……負けてる……!これは勝てない…。
ふははは、エイへは助平じゃありませんが私が尻好きなのでこうなります、つかこれがうちのデフォです(キッパリ
  1. 2014/05/05(月) 17:16:27 |
  2. URL |
  3. 黒大将 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sword209.blog.fc2.com/tb.php/104-8d8e61ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒大将@周防のいん

Author:黒大将@周防のいん
黒大将の浅くて広い趣味の話をだらだらゆるゆる垂れ流しています。
覚書的なものから購入したゲームやらフィギュア、プラモデルのことやら多種多様・・・なはず
完全にスカイリムがメインになっておりまする。
リンク大歓迎っす!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
雑記 (22)
OBLIVION (10)
OBLIVIONプレイ日記 (17)
SKYRIMプレイ日記 (40)
妄想オブリび小話 (3)
オンラインゲーム (1)
○○○の冒険 (2)
趣味 (4)
とある衛兵の超過勤務 (5)
旅の途中 (6)
再構築物語orz (2)

プロフィール

黒大将@周防のいん

Author:黒大将@周防のいん
黒大将の浅くて広い趣味の話をだらだらゆるゆる垂れ流しています。
覚書的なものから購入したゲームやらフィギュア、プラモデルのことやら多種多様・・・なはず
完全にスカイリムがメインになっておりまする。
リンク大歓迎っす!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

黒大将

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。