黒大将の浅くて広いあなぐら

黒大将の浅くて広い趣味の話をだらだらゆるゆる垂れ流すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魔法使いが足りない

img1.png

はい、黒大将です。
PS4買ったもののリリースされてるゲームの少なさに嘆かずにいられませんです。
もっとこう、ヒャッハーできるゲームが増えてくれればと思うのであります。

さて、今回も前・後編にわけてお届けする衛兵ネタですが、登場人物を固定にしたほうがいいのかもしれないとか考えてます。
うちはフォロワーmod紹介ブログ的な?装備modの紹介は他の方が上手しだし?みたいな、ものっそいかる~いノリのブログでございます。

ブログ主の私からしてテキトウなんだからw

そんなわけで第二話前編始まります。


文字色リバーウッドに戻るわけで

サーディアちゃんを追ってきたレッドガードの変態を撃退したものの、特別執行隊に決定的に足りないものが何か理解したエイへ・イへはバルグルーフ首長に報告書をしたためた。

ドラゴンボーンがハイフロスガーに向かってから一週間後、バルグルーフ首長からエイへに新たな指令書が届けられる。

『リバーウッドのスリーピング・ジャイアントインに向かい、補充員と合流した後、イヴァルステッドに向かえ』と。

エイへ:「はぁ・・・、もうね、立て替えた保釈金が経費で落ちないとかセコすぎるでしょ、うちの首長は・・・」

Fenne:「た、隊長、とりあえずスリーピング・ジャイアントインに着きましたよ!
     ここで新しく加わる方が待ってるんですよね?」

エイへ:「んぁ~、首長からの指令書にはそう書いてあるけどなぁ
     ファレンガーさんみたいな魔法使いだったら助かるんだけどなぁ」

Elorwen:「魔法使いなんて魔法使う前にばっさりやれば問題ないじゃん?」

エイへ:「いや、そういう問題じゃないと思うぞ?」

あなたが私の隊長か

???:「あなたが特別執行隊の隊長さん?」

エイへ:「そういうあなたはうちの隊への補充ですか?」

Sha:「私はSha。
   バルグルーフ首長にスカウトされてあなたの隊に参加します」

エイへ:「お、おう、よろしく頼む・・・」


ばい~~~ん

エイへ:『FenneやElorwenと違って直球じゃないが、けしからんボディじゃないか・・・』

Sha:「なにか?」

エイへ:「い、いや、なんでもない。
     とりあえずイヴァルステッドに向けて出発するぞ」

Sha:「わかりました、お供します」

イヴァルステッドに向けて

エイへ:「特別執行隊と言っても衛兵としての基本的な仕事をしなくていいわけじゃない。
     街道を行く旅人のために危険な野生動物の排除やら山賊どもをぶっこ・・・犯罪行為を取り締まることもする」

Sha:『ぶっこ・・・ぶっこぬき?どっちにしても危ない発言をしそうになった?私の気のせい?』

Fenne:「ど、道中困っている旅人さんたちを助けるのも任務のうちに入っている、ということですよ!(アセアセ」

さっそくエンカウント

エイへ:「すたあああああああっぷ!
     と言ってもわからん畜生には剣をくれてやるわあああああああっ!!」

Elorwen「ヒャッハー!」

Fenne:「あああ、またこの展開にっ」

Sha:「」

ソーダ味っぽい

エイへ:「おお、召喚魔法も使えるのか!」

Sha:「ええ、私は氷系の魔法を専門に扱う魔法使いですので」

エイへ:「これは頼もしい!
     よろしく頼むぞ、Sha!」

Fenne:「・・・・・・」

歩いてたら馬が・・・

Shaを迎え、好調な出だしに満足していたエイへであったが前から乗り手を失った馬が何かに追われるように走ってきた。
馬といえば一財産、旅の必需品、あったら移動が楽でいいな、ボーナスでたら買おうかなな高級品。
衛兵として検分するのも必要か、落し物なら主が見つかるまで預からないといけない、預かっている間世話をするのは当然のことで餌代やら何やらを持ち主に請求するのは当然として、厩に預けっぱなしだと運動不足になって可哀想だから俺が色々なところに連れて行ってあげれば運動不足にならないし馬もきっと喜ぶ、そうに違いない!(ここまで2秒)

Fenne:「あ」

どこからともなく飛来した矢が馬に当たる。
ちょうどいいところにクリティカルなヒットをしたのか『おぅふ』と声にならない声をあげ、主なき馬がどうっと倒れる。

エイへ:「す、す、すたあああああああああああっぷ!
     貴様は他者の財産を死に至らしめるという方法をもってして奪い去った!器物損壊の現行犯としてキサマらを
     首長の名の下に罰する!」

Elorwen:「ヒャッハーーーー」

Fenne:「ああああああ、このノリから逃れられないのかしらああああああっ」

Sha:「主なき馬の死に涙しながら公務を果たそうと・・・
   私もがんばらないといけないわね!(キラキラ」

Fenne:「そ、それはきっと勘違いですっ」

エイへ:「突貫ーーーーーーーっ!!」
Elorwen:「ヒャッハーーーー」

蹂躙

エイへ:「おれの黒王号をかえせえええええええっ!」

Fenne:「名前がついてるっ!?」

Elorwen:「ヒャッハーーーーーー!」

Sha:「獲物をセンターに入れて詠唱、獲物をセンターに入れて詠唱、ブツブツ・・・」

数分後、山賊のたまり場となっていたヴィルヘルムタワーは特別執行隊の手によって制圧された。
この制圧戦による逮捕者はゼロであったとエイへは報告書に記録した。

で、おっさん

エイへ:「で、おっさん、衛兵の見てる前で死体まさぐるとかいい根性してるじゃねえか、あ?」

おっさん:「はっ!こ、これはその、まだ息があれば蘇生措置を・・・」

Fenne:「心臓をアイススパイクで抜かれてるから即死ですね」

Sha:「火事場泥棒的な?」

報告書訂正、窃盗犯1名でした。

衛兵は大変なお仕事

エイへ:「野生動物の駆除やら山賊討伐、軽犯罪の摘発してたらおそくなっちまった・・・」

Fenne:「真っ暗ですね・・・」

エイへ:「とりあえず今夜中にイヴァルステッドに入って宿とるぞ」

Sha:「了解です」

イヴァルステッド到着

けっこうまじめに仕事をしている特別執行隊。
彼らがイヴァルステッドに到着できたのは深夜だった。
宿でゆっくり身体を休め、来る任務に備える特別執行隊の面々でありました。

- つづく -


はい、第二話前編終了でございます。
今回はリバーウッドからイヴァルステッドまで徒歩で移動しています。
その間に発生したのがランダムで出てくるmobとの戦闘でした。
ヴィルヘルムタワーの山賊さんたちは倒しても時間が経つと再び居つくのでここ通るたびに戦闘してる気がします。
ちなみに馬を殺したのもヴィルヘルムタワーのてっぺんにいる山賊で走ってきていきなり倒れたのを見てびっくりしました。

Shaさん

で、今回新たに特別執行隊に加わったShaさん。
YuiH Standalone Follower - Sha
導入後、リバーウッドのスリーピング・ジャイアントに配置されます。
初期装備はローブと短剣だけなのでいい感じの装備を用意してあげてください。
ちなみに氷の使い魔を召喚したり氷系の魔法を扱う破壊魔法使いだったりします。

で、魔法使いのエロい装備ないかなと色々探してて見つけたのが
UNPK black and gold robes

これ、装備するとすっごくむちむちでいい感じです。
胸もすごいですがお尻もやばいことになってます。
ほぼ一体型の装備なのでブーツだけ用意してあげてください。

ちなみにショーツ履いてないverと履いてるverがありますが、普通に履いてるver入れてもショーツのテクスチャが表示されません。
ので、最新のfixファイルをあててやると表示されるようになります。
私は自分で治すのが面倒だったので履いてないverを導入してましたがfixファイルが更新されてから履いてるverに変えましたw

そんなわけで次回に続きます。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/19(土) 23:51:36|
  2. とある衛兵の超過勤務
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<机の上のスカイリム:~衛兵ミニチュア製作中~ | ホーム | 旅の途中:第五話 ハイフロスガー>>

コメント

ぼん!きゅ!ぼん!ですね!

着実にハーレmちがった。特別執行隊が充実していきますね!
エイヘさんみたいな衛兵の日々の努力のおかげで街道の安全は守られているのですねー。頭があがりません。
しかし次の話はどうなるんでしょうかw
  1. 2014/04/21(月) 02:54:01 |
  2. URL |
  3. Togaminium #pwutJTUc
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Togaminiumさん

> ぼん!きゅ!ぼん!ですね!
たしかにすんごいけしからん身体になってますが装備modのお陰な感じです。
が、Shaさんは脱いでもすごいです、ええ、すごいんです、ロケットが二基もついてるんですから!

> 着実にハーレmちがった。特別執行隊が充実していきますね!
実はエイへ自身はどうでもよかったりします。
たまたまハーレムモードなだけでむさい同僚が隊員であっても気にしません。
私が非常に気にするので綺麗どころで揃えてるだけですwww

> エイヘさんみたいな衛兵の日々の努力のおかげで街道の安全は守られているのですねー。頭があがりません。
ストームクロークの兵士はうろうろしてますがなかなか各都市の衛兵が歩いてる姿って見ないんですよね。
街道警備も衛兵の仕事じゃねーの?と疑問に思いますが、きっと経費削減で都市近隣しか警備してないんでしょうと脳内設定w

> しかし次の話はどうなるんでしょうかw
ここだけの話、次の展開に頭を悩ませてる私がいますwww
基本、目的地までは徒歩移動でランダムエンカウントやら「○○を討伐」みたいなクエストにちょっとだけ肉付けして記事を書いてるだけなのですごく残念な状態に陥ることもしばしば。
ネタひねり出すまで時間がかかりますが次回更新も多分衛兵ネタになりそうです。
  1. 2014/04/21(月) 22:11:30 |
  2. URL |
  3. 黒大将 #-
  4. [ 編集 ]

Shaさんは確か最近配信されたフォロワーさんでしたよね
美人さんですね(*´∀`*)

Elorwenさん、いつにもまして「ヒャッハーーーー」が多いww
  1. 2014/04/22(火) 00:27:59 |
  2. URL |
  3. マシマロ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

マシマロさん>
> Shaさんは確か最近配信されたフォロワーさんでしたよね
> 美人さんですね(*´∀`*)
美人なだけでなくロケットです、どこがロケットかといいますと・・・わかりますよね?w

> Elorwenさん、いつにもまして「ヒャッハーーーー」が多いww
もうこういうノリが一番楽でいいのですよ。
ガス抜きに最適です、ヒャッハーーーーー!
  1. 2014/04/23(水) 19:37:22 |
  2. URL |
  3. 黒大将 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sword209.blog.fc2.com/tb.php/102-e3a15a84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒大将@周防のいん

Author:黒大将@周防のいん
黒大将の浅くて広い趣味の話をだらだらゆるゆる垂れ流しています。
覚書的なものから購入したゲームやらフィギュア、プラモデルのことやら多種多様・・・なはず
完全にスカイリムがメインになっておりまする。
リンク大歓迎っす!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
雑記 (22)
OBLIVION (10)
OBLIVIONプレイ日記 (17)
SKYRIMプレイ日記 (40)
妄想オブリび小話 (3)
オンラインゲーム (1)
○○○の冒険 (2)
趣味 (4)
とある衛兵の超過勤務 (5)
旅の途中 (6)
再構築物語orz (2)

プロフィール

黒大将@周防のいん

Author:黒大将@周防のいん
黒大将の浅くて広い趣味の話をだらだらゆるゆる垂れ流しています。
覚書的なものから購入したゲームやらフィギュア、プラモデルのことやら多種多様・・・なはず
完全にスカイリムがメインになっておりまする。
リンク大歓迎っす!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

黒大将

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。